PLASTIC PLASTIC プラスチック製品の基礎知識

プラスチックの種類

一口にプラスチックといっても、性質の異なる様々な種類のプラスチックが存在します。
その中でプラスチックは「熱可塑性プラスチック」「熱硬化性プラスチック」の2種類に大別されます。

熱可塑性プラスチックJEJ製品はこれ!

加熱すると軟化して成形しやすくなり、冷やすと再び固くなる性質を持つプラスチックです。リサイクルが可能なのが特徴です。(イメージ例:チーズ、チョコレート)

イメージ|溶けるチョコレート

JEJの製品は、熱可塑性プラスチックの材料を使用しています。
熱可塑性プラスチックにも種類がたくさんあり、PP(ポリプロピレン)、PE(ポリエチレン)、PS(ポリスチレン)、ABS樹脂、アクリル、PC(ポリカーボネート)など、聞いたことのある名前も多いはず。JEJではそれぞれの材料を、長所や短所を考慮した上で、使用する場所や頻度に合わせて選んでいます。

JEJ製品に使われているプラスチックの主な特徴

PP
(ポリプロピレン)

PP(ポリプロピレン)

柔軟性・耐熱性・機械的強度に長けているため、JEJ商品の多くに使用されています。(使用例:エミング引出し・枠など)

PC
(ポリカーボネート)

PC(ポリカーボネート)

透明度が高く、衝撃に強いため、外で使用する製品などに使用します。(使用例:雪かきスコップなど)

PS
(ポリスチレン)

汎用ポリスチレン(PS-GPPS) 耐衝撃性ポリスチレン(PS-HIPS)

汎用ポリスチレン(PS-GPPS)は、軽くて透明性が高いため、使用頻度の高い場所などに使用します。(使用例:アプロスの引き出しなど)
耐衝撃性ポリスチレン(PS-HIPS)は衝撃に強いため、重いものを乗せる製品などに使用します。(使用例:フロンテワイドの天板など)

熱硬化性プラスチック

加熱すると一時的に軟化しますが次第に硬化し、再び熱しても元の状態に戻すことも再成形することもできなくなる性質を持つプラスチックです。耐熱性、耐薬品性に優れています。(イメージ例:卵、クッキー)

イメージ|クッキー